私 の 沖 縄

私が担当します

及 川   英 明

   泡盛と黒糖。ブタの料理。 夏のリゾートと和 ・中華折衷の文化イメージ。 それだけだっけ、 沖縄って?  ちがうよね。       大東亜戦争や、それ以前の尚氏沖縄の支配を受けた島々の歴史、現代の経済のあり方とか、 まだ、 考えていかなくちゃいけないことがたくさんあるように思う。   当の沖縄出身の人達のなかでも薄れかけてきているようなこと。 そのことにも拘った頁を創れたらいいな。


編集委員





沖縄生まれの妻の独り言


    沖縄って、たくさん島があるんだよ。   多良間島ご存知?誰も知らない島?         地図に載る時もあるけれど、 退屈な時を過すには、 最適。  海はもちろん綺麗だけど、半日あれば一周でき、ガジュマルの木がおおい茂り、さとうきび畑が・・・・・。  後は何もない・・・あー退屈だ、 30年振りに母の実家に帰って来た。   何もすることなく、海に出で、父と二人で泳ぐ、  もう、父は、65歳になるのにいい年した娘(35歳)と入る?海の中は、 台風の前だったらしく,波が荒く、沖に流されてしまいそう、 でも、二人は、子供に戻った様に泳ぎ、その横を海蛇が、吸い込まれそうに沖へ。  原色の魚、手にすくおうと思っても掬えない。  夢中になり過ぎ? 砂浜で、 母とおばぁが呼んでる。  危ないから出なさいと。  無視してたら、 あばぁの雷が落ちた。  あー愉快だった―・・・、あの時。  島の人達は、 誰も入る人がいないらしい、こんなに綺麗なのに。 もったいないわー。・・・また行きたい。でも変に開発されちゃうのもイヤね。でも、知っていて欲しいし、少しずつ紹介しますね。
          
なかなか伸び伸びとしたいい文章書くなぁ。 今度は、おばぁの、60年前の宮古・八重山の思い出話を載せようかな。


 

嘉手納基地からベトナムへ出撃した戦略爆撃機B52・・・いまアフガニスタン・イラクの空にいた。

okinawab52-3.jpg

okinawab52-1.jpg

okinawab52-2.jpg

okinawab52-4.jpg

okinawab52-5.jpg

okinawab52-6.jpg


初めて沖縄へ行く人へ

 那覇の市場(牧志市場)、そこには、東京のアメ横とは売ってる物が違い、グロテスクな物が目に付く。 豚、蛇、それは、見た人じゃないとなんとも言えない。 食べれるの? 魚関係も、食べるものじゃなく、水槽で飼う方がいいのではと思う。 これも、行ってみないとね。でも、好きな人は、その雰囲気が好きらしいんだなぁ。
 二階の食堂街はたくさんの店があり、外で買った食材を調理してくれるそうなんだけど、まだ試してない。 そんなことしなくても、なんでもあるんだもの。 とにかく、酒飲みの友人がいるなら、お土産には事欠かないでしょうね。  国際通りは、新宿のような感じだったかなぁ?
違うとしたら、明治通りの原宿辺りの感じかも。 飲み屋の看板が、独特な文字で、読めなかった。外れの方には、シーサーを作ってる店があり、その店独自の顔が所せましと置かれてる。 私が買ってもらったのは、とても可愛い顔をしてる。   酒屋では、いろいろ古酒 (クースー) の味見をさせてもらった。 古酒って、もちろん泡盛のね。  とてもじゃないけど、飲めない うううーん、飲めない  でも、オリオンビールとシークヮサー割りの焼酎は、いける。  肴に、油味噌(豚)とレタスを巻き、ゴーヤのチャンプルーは絶品だわ。入れるのはポークがいいね。ナーベラー(へちま)の味噌いためも内地じゃ、味わえないかも。  沖縄にいたら、ついつい酒飲みになってしまう男達の気持ちがわかるわね。 さっき、那覇の兄から電話があった。やっぱり酔っ払ってたわ。でも、ほどほどにしてね。

 

 

 TOPペ−ジへもどる

 

  メールsyo-bi@nifty.com

Copyright 2002 My Company. Syoubi C.Center