ひとり巡礼

翔美 と友人達の仕事と夢と遊び

 

 

阪神・東日本・熊本 私たちは大震災

からの復活を応援します、忘れません

 

更新日 update.gif

2017/02/14

 

CONTENTS
Since April/2002

 まだまだ増え続けます

 

※ インド 内藤雅雄の資料

私の資料を自由に役立ててほしい

 内藤雅雄

 東京外国語大学名誉教授

 

 2002年 及川英明

    自信にあふれて見える人間だって、本当のところはみんなと同じようにいろんな悩みと不安をかかえて生きている、  完全な人間なんていやしないんだから、 みんな少しだけ裸になって、  少しだけ応援しあって、  少しだけ頑張るようにしようよ・・・・・・ その少しの小さな積み重ねが私の力になり、 みんなの力になり 夢を形づくっていく。

自分の存在なんてホンとに小さくて短いけれど、 残したいもの、 伝えてゆきたいことがいっぱいある。  たくさんの出会い、   さまざまな出来事、 考えれば自然・人間・動物全てが同じ空気 同じ時間 同じ世界のなかで動いているんだよね    
なんでもあり、なんでも創ってゆこうというページです。 どしどし参加して欲しい。     

             及川英明

 

編集長

寺本史弘

編集長補佐

及川英明

 

社会福祉法人 埼玉いのちの電話

048-645-4343

  事務局長 内藤 武 仕事

 

 

水 と 設備

 img1.gif

リフォーム

 

米と会議

山川健夫

 

山川ノート

 

インドと映画

 

海   老

 

プレリュード

 

ダイビング

 

旅 と 温泉

 

沖   縄

 

広   場

 

映画

鍵穴通りで

サヨウナラを

 カメラマン

森田 晃

 

白鷺町会

 

若宮住宅

センター

 

 

 

 

 

  

 

 

 

     

     

     

     大切なくつろぎの時間をより快適に我が家の再生を考えませんか

     

     水まわりからの 住まいの再生を考えませんか

     

株式会社 翔美 住設部

 E - mail:syo-bi@nifty.com
  東京都 杉並区+中野区

中野区白鷺  2-29-26

東京都指定給水装置工事事業者
東京都知事 
許可(般-25)第140492号

電話 03-5327-3726  Fax03-5327-3728

管理編集長

早乙女栄司

 

お住まいで何か気になること、心配なことはありませんか、誰に相談していいかわからない

そんな時、地元の職人、会社なら安心です

  

住宅の外装、内装、水廻りのリフォーム、耐震対策増改築工事

楽しい住まいづくりのために、どんな事でもお任せください

 

 

             早めの交換をお勧めします

台所水栓

給湯器

シャワー

シャワー水栓

洗濯機水栓

洗面器水栓

万能水栓

エアコン

 

施工写真

 

 

  キッチンの配置で広々感が変わります

 こたつにしたら皆が集まりました

   自分好みのスペースです

 

 

 

   バリアフリーにしました

 気が付いたら雨漏りがありました

    バリアフリーの浴室です

 

 

 

 地域活動 もちつき大会

   トイレに手すりを付けました

   ちょっと贅沢なキッチンです

 

施工図面

    S様邸大規模リフォーム

Sマンション既存浴室をユニットバスへ

  Y様邸、浴室・台所水廻り改修

 

  秋葉原Sビル1階インド料理店

     増圧ポンプ給水システム

武蔵野市立第一小学校夏休み改修

 

店舗1階正面立面図

マンション既存浴室をユニットバスへ

浦安市 震災復旧

 

工事写真

浦安 震災復旧工事

換気設備工事

消火設備工事

浦安 震災復旧工事

浦安 震災復旧工事

浦安 震災復旧工事

首都高速 塩化プラント工事

首都高速 改修工事

コンクリートビル スリーブ工事

コンクリートビル スリーブ工事

コンクリートビル スリーブ工事

コンクリートビル インサート工事

 

   翔美の住設部は建築のなかの「水と空気」・・・新しい水と使われた後の水, 新しい空気と働いた後の空気の仕事から始めました。  生活の基盤になる重要な設備ですが,後回しにされがちです。 社会の急激な変化のなかで、私達も迷いながら手探りで歩いている状態だと思います。    大切な水廻りを中心にお客さんの 「住まいのこまった」 は何でも解決しようと、10年前から取り組んでいます。     美味しい水・美味しい空気を基礎に   私達は、これからも完成度の高いものを創っていこうと考えています。   これからの仕事をどう切り開いていこうかと, 手探りの状態ですが、  沢山の方に力を借りながら このページを通して皆さんにもいろんな知恵をいただきながら,   私たちもいろんな提案をしながら より快適な住まいづくりを考えてゆきます。

 

            お 水 の 花 道

その1  木村 勝

20年前のインドでの話、留学先の学校の寮に着いて早々、お腹をこわして寝こんでしまった。 最初のうちは、二度目のインドという事もあって、いつものインドの洗礼ぐらいに思っていたんだけど、 ものすごい腹痛、そして下痢、ついに一歩も部屋を出れなくなってしまった。心配した寮の人が医者を呼んでくれた、  「何を食べた?」  「こっちに着いてから寮の食事だけ」  「飲み物は?」  「お茶と水」 「どこの水?」 「食事の時に出されたもの、それとも部屋の水」 「部屋の?」  「そう、そこの蛇口から出た水」 「それだ!」 「・・・・・・・?」   実は飲料用の水は寮の裏手にポツンと忘れ去られた、たったひとつの蛇口から朝夕一時間給水されるとのこと、 他の建物の中にある無数の蛇口から出てくる水は飲料用・調理用としては使わない、 私達だって飲めばお腹をこわすよとインド人、早く言ってよね! いい教訓になりました、外国に言った時、現地の人が飲んでいる水はOK、 飲まないやつはダメ、よく考えれば当然です。 日本に暮らしていると、家の中、仕事場、公共施設どこへ行ったって、ちゃんと水道があって、その水道の蛇口から出てくる水を当然のように飲んでるけど、それが当たり前だよという国は少ないみたい、インドに限らず発展途上国の飲料水の水質が悪いことは、ある程度予想がつくし、いろいろなところから耳にする。  ただその水質の悪さが、ちょっとお腹をこわすくらいのこととか、 僕のようにひたすら天井をみつめ、寝込んでしまうといったレベルならまだましみたい  (かなり苦しかったけど)。

2000年ニューヨークにある国連本部で開かれた「持続可能開発委員会」で“不衛生な水”のために毎年200万人もの子供が途上国で死んでいるという、 大変ショッキングな報告書が提出されました。   テレビに砂漠化した土地で深刻な水不足に見舞われている人たちが映し出されると、単純に水さえあればと思うけど、ちゃんと消毒されてない“不衛生な水”を飲み水や料理用に使う事で、 水がないという理由ではなく、 汚れた水を飲むという理由でこれほど多くの人が亡くなっているなんて・・・・・・・

  先進国をみると飲料水にはミネラルウォーターを使って、水道の水は飲まないという国けっこう多いいよね。 水を飲むという習慣が少ない国もあるから、 単純に水道の水質が悪いという理由ではないと思うけど、水道先進国のアメリカでさえここ10年間に、水道水の中の細菌やウイルスによって病気が何回か発生している。  一方日本では1971年以降、水道水による赤痢等の病気の集団発生はおこっていない、それ以後、厚生省は統計もとっていない程だから  (すごい自信ですね)  先進国と呼ばれている他の国々と比較しても日本の水道は良質といっていいみたい。  ああ・・・水の豊かな日本に生まれてよかった・・・?   そうもいってられないようなのだ。

病気の発生を防ぐために、水道の水をちゃんと消毒するために、塩素というものを使っています。実はこの塩素の使用が大きな問題になっている。  知っている人多いと思うけど水道水に含まれる発がん性物質 トリハロメタンのこと。  原水には存在しないこの発がん性物質が水を浄水処理する過程で塩素と反応することで発生する、“不衛生な水”をちゃんと消毒することによって逆に安全な水ではなくなってしまう、1970年代水道をその本質から覆すような発表がされたのです。 水道行政側は最初のうち、その事実関係を否定したものの、80年代に入ってようやく認めました。 その対策として登場したのが “高度浄水処理”。  トリハロメタンを生成する原因物質を塩素消毒する前にオゾンで取り除いてしまい、 その後、塩素を加えればトリハロメタンは発生することはないという。 これで一件落着と思いきやしないんですよ。

  ある研究者の話しによると、その処理過程に問題があるというのです。  かいつまんで説明します。  その高度浄水処理を採用している金町浄水場では、オゾン+活性炭処理した後、塩素を投入し、 最後に急速ろ過を行っているけど、 その急速ろ過を、オゾン+活性炭処理する前にしなくちゃトリハロメタンの生成量はそれほど減少しておらず理解に苦しむとのこと、又塩素消毒で生成される発がん性物質はトリハロメタンだけではない、 半分は未解明であり、この様な副生成物に対してその高度浄水処理がどれほど有効なのか。  さらに、オゾン処理の過程においても塩素処理と同様、危険な副生成物が発生する、 等々。  こういったものって、お腹こわすとか伝染病といった病気で犠牲になるという目に見えてすぐにその被害が出るのではなく、 数年・数十年経ってじわじわと現れるボディブロー-のパンチのようなもので本当に怖いです。

 トリハロメタンのことなど水道水が危ないといった報道や記事がでるようになった頃からでしょうか、ミネラルウォーターの売上げが急速に伸び始め、浄水器が各家庭に普及し始めました。 水道水がまずい、おいしい水が飲みたいという理由もあるんでしょうけど、水道水は信じられない、 自衛策をとるしかないということですかね。            でも・・・それって・・・・・・・?

  飲料用料理用に使う水を全部ミネラルウォーターにしましょう、  顔や体を洗ったり、 洗濯に使う水も直接肌にふれるもの、 アトピーの原因とかいわれているし、 いっそ生活用水全てまとめて、 ビン詰 ペットボトルのミネラルウォーター。  お金のある人はいいけど、最近安くなってきたといっても、経済的にいかがなものかと。  そしてミネラルウォーターだって、何にも無いところから作り出すわけにはいかない。 地球規模の環境問題を考えた時、その汲み出した水が農薬、ダイオキシン、環境ホルモンといった有害物質に汚染されてない、将来も汚染されることはないという保障はどこにもないと思う。

浄水器はどうなんだろう?

仕事上いろいろなメーカーの製品をあつかってきました、僕の家にもついています、 さらにここ数年最新の浄水器が次々と登場し、お客さんからどれがいいのと聞かれます、 すこしでも役にたてるようにと展示会に行ってメーカーさんから直接話しを聞いてみます。水が美味しいのはあたりまえ、 赤錆がでなくなる、 有害物質をとりのぞく、すなわち体に良い、 安心といいことずくめですけど、トリハロメタンを溶解、分解するって完全に除去できるということ? 他の全ての有害物質に対しても有効なの?  水がおいしくなるなんて、この際どうでもいい、  その水がどの程度安心なのか、売る人たちもよくわかってないみたい。 それで、水が活性化するとか、人にやさしい・地球にもやさしいとか、画期的だとかいわれてもね。

  ではどうすればいいの?

  正直な話よく解かりません、 ただあのインドでの体験が僕に語りかけます、 蛇口をひねれば水が出る、その水を安心して飲めるのって幸せなことだよねと。水道の水はダメ、使いませんというのは自分の仕事を否定されてるようでつらいです。 せっかくすばらしい水道施設 (敢えてそう言わせてもらう) があるのだからそれを有効に使いたい。 仕事してお客さんに喜ばれるのは勿論、 工事をした配管から出てくる水にも感謝してもらえるよう僕の“お水の花道”はつづきます、水と上手につき合う方法をさがして。

 

つぎのページへ
 

TOPペ−ジへもどる


メールsyo-bi@nifty.com

Copyright 2002 My Company. Syoubi C.Center